2012年12月23日

気付いたら年末

気付いたらもう年末だった。
今年はゲームやってないなぁ・・・。
最近はオンラインポーカーばっかです。

仕事は忙しくは無いけど11月から毎日横浜に行く羽目になってしまい
埼玉から横浜までの片道2時間通勤の日々。
最初は電車の中での暇つぶしを用意しなくちゃとか考えていたけど
立ってようが座ってようがとりあえず目をつぶってるのが最善手と言う結論に達した。
視覚からの情報を遮断すると脳味噌が休息状態になる感じ。

年明けからは都内に戻るので、通勤時間の分だけ楽出来そうです。

2012年09月04日

ポーカーはじめました

最近は遊戯王もそこそこにオンラインポーカーにはまり気味。
ポーカーって言ってもドラクエとかにある手札5枚で1回交換するドローポーカーじゃなくてテキサスホールデムってやつ。
詳しいルールはググってね。

やってみると結構奥が深くて面白い。
麻雀にも凄くはまったけど、それと同じくらいはまってる感じ。

テキサスホールデム以外にはオマハも面白そうなんだけど、こっちはネットに良い専門サイトが無いから困る。
参考になるサイトがあれば始めるかも。

2012年06月13日

デュアルエーリアン(OCG2012年3月制限)

deck017


兎エーリアンがエーリアンらしい動きが出来ないと言う反省点から作ってみたデッキ。

注目点はエーリアン・ヒュプノ。
デュアルモンスターですがエーリアンの中ではかなりの鬼畜効果の持ち主で、こいつを起点にデュアル軸で伸ばしていこうと言う趣向です。

兎エーリアンと違い、スーペルヴィスの効果でソルジャー、ヒュプノが場に残りやすく、惑星汚染ウィルスが投入しやすい。
デュアルスパークのドロー効果も、サーチ手段が乏しいアンモナイトを引いてくるのに貢献出来るので此方もグッド。
スーペルを利用してのモンスター展開もあるので、ランク4辺りも頻繁に利用出来ます。

デュアルの出張要員は装備魔法を共用出来るシュバリエを採用してます。
と言ってもスーペル以外の装備魔法はビッグバン・シュートしか入れてないけど・・・。
効果発動にスーペルを墓地に落としちゃうのも難点と言えば難点かも。
でもゴルガーでスーペルを戻すと言うシチュエーションはあんまり無いので気にはならない。
むしろ強欲で謙虚な壺と若干相性が悪いの方が気になる。

一応どのデッキとも戦えるタイプだけど、相手先行の時に、開幕で動き回られると止めるカードが1枚も無いので苦手。
根本的な所で、環境が伏せ主体デッキに向いて無いと言うのはあります。

本当はもっと、エーリアン専用カード入れたいんだけどねぇ。
中途半端な効果だと単なる的にしかならないからきついです。

2012年05月24日

兎エーリアン(OCG2012年3月制限)

deck015


レスキューラビットを使いたい
(でもヴェルズラギアだけは死んでも作りたくない)

デフォでLv4以下バニラを使うのは、儀式(高等儀式術入り)、ジェムナイト、エーリアンくらいか・・・

じゃあエーリアンにしよう

的な流れで作ったデッキ。

兎ラギアにゴルガーと同じ方向性のファルコン入れてみただけのデッキ。
ラギアが大嵐での永続罠破壊を防げるし、兎→ソルジャー2体→チェイン→トップアンモナイトでゴルガー召喚出来るしと相性はかなり良い。

実際環境トップグループも食っていける実力はあるんだけど、何と言うか作りたかったのはこう言うのじゃない感が半端ない。
エーリアン的に見ると、惑星汚染ウィルス、エーリアンウォーリアとかのエーリアン関連が非常に入れづらい。
と言うか1枚も入れられない。
だって、3積みしてるエーリアンソルジャーは、殆ど兎効果で出てきて、そのターンにエクシーズしちゃうし。
フィールドでのエーリアンが存在する時間がとてつもなく少ないのですよ。
となるとエーリアン軸でデッキを伸ばしてくのが難しいのです。

そうなると、ソルジャーを墓地に落とす前にアンモナイト引いた時に損するだけで、単なる劣化ヴェルズラギアじゃないの?と感じずにはいられない。

先行で手札が兎、モグラ、チェーン、チェーン、警告、スタロだったとして、兎効果でソルジャー出すのかと言う所にも苦悩を感じるし。遊びとしてみればソルジャー出す余地あるけど、絶対に負けないようにするならセイバーザウルスからラギアだすよね。多分。
手札如何に関わらず余程の事が無い限り基本まず、ラギア出すのが最良になってしまうと思います。

と言う事で現在あんまり使って無い状態です。サイドもまだ入れてません。

使ってみた感想としては、クリッターがちょっと微妙かもと言う感じ。
当初はエーリアンドッグ3積みしてたので入れてたので当然か。
抜くなら、セットでリビデも1枚抜いた方が良いかも。

モンスター、魔法、罠とも色々と取捨選択がありそうです。

2012年05月06日

姉ドラ(OCG2012年3月制限)

deck014


辰年と言う事で遊戯王オンラインで作る予定だった姉ドラと呼ばれる雑貨軸超重量級ドラゴンデッキ。
ADSなら聖刻でも良いんだけど、純テーマと言うか出来合い過ぎるデッキが嫌いなので此方を採用。
ベースは以下のURL参照。

http://sunetto.blog100.fc2.com/blog-entry-390.html

魔導雑貨商人を軸に手札&墓地を溜めて後は渾身の力でぶん殴るだけの脳筋ドラゴンです。

遊戯王オンラインではトフェニ&エレキテルの出張聖刻の所はバイスドラゴン+ジャンクシンクロンの予定でした。
バイス+ジャンク+雑貨でトリシュor スクラップドラゴン+破壊素材。
ジャンクシンクロンは戦士族なのでドラゴエクィテスも積めるし。

ADSだとトフェニ特殊召喚に激流、サンブレ辺りは使って来ない人が多いので、リリースマテリアルドラゴン召喚から流れが取れるとかなり美味しい感じ。
ちなみにマテリアルドラゴンはグスタフマックスとかエクスプロードウィングドラゴンの効果と相性宜しく無いので注意。グスタフマックス効果発動→マテドラ居たの忘れてた→相手2000回復とかよくやらかします。

トラゴ以外守備要素すら殆ど放棄してるので、あんまり勝てないかと思ってたんだけど第一線、第二線デッキにもそれなりに勝ちを取れるのでビックリ。まあ、環境主流ではないけど1ショット系ですしね。

苦手なデッキはセットした雑貨商人を殴らず除去してしまうような除去力に長けたデッキ。
後は特殊召喚メタ系。パキケ、ローチ、ライオウでも厳し過ぎるし、オピオン、虚無魔人辺りで完全に詰み。
今の構築だと出されるとしゃーないと諦めるしか無いので、除去系カードは何か入れとくべきかも知れない。

使った感想としては、龍の鏡3枚とアポカリプス2枚が少し多い印象。
除去系カードを入れとくと良いと思われます。

2012年05月01日

ガエルD帝(OCG2012年3月制限)

deck013


ADSでとりあえずメインで使ってるデッキ。
オンラインのガエルD帝のOCG制限対応版です。

融合、シンクロ、エクシーズを使用するためエクストラが限界ギリギリ。
選択肢多過ぎてまだ決め切れてないです。

デッキの方もこれまた限界ギリギリ。
カエルは鬼3粋1黄泉1の最小構成。

ミラクルフュージョン3枚なので、エマージェンシーコールも入れて、E・HEROを引きやすくしています。
その際エアーマンだけだとエアーマン先引きが痛いので、バブルマンを入れてます。
バブルマンじゃなくてオーシャンでもアイスエッジでもアナザーネオスでも良いと思います。
バブルマンの隠された効果を使った記憶が無いので多分バブルマンじゃ無い方が良いです。

オンラインのデッキに比べるとバルブが無いのが強烈に痛い。
バルブが無いためワン・フォー・ワンが入れられないし、その結果ディアボリックガイを切る手段が減ったし。
思い切ってゾンビキャリア抜いてシンクロ要素減らしても良いかも知れない。

新しいお友達としてはコッペリアルが良いですね。
立たせておくだけで抑止力になりますし、警告を警戒する状況なら上級セットで手渡しするのも面白いです。

まだ他のデッキをあまり作れてないので、しばらくはこのデッキを主力にしてやってこうと思います。

2012年04月29日

遊戯王ADSはじめてみた

遊戯王オンラインが終了決定と言う事でADSはじめてみました。

導入方法はWIKIを参照。
http://www3.atwiki.jp/ads-wiki/

サーバーは色々あるようなんですが、とりあえず中華サーバーの信景にしてみました。
安定して利用出来そうだったので。
サーバー導入方法は下記を参照。
http://ameblo.jp/444018151/entry-11204434785.html


無事動作するか不安があったけど、エラーも発生せず問題無くプレイ出来ました。
問題は、カードプールがオンラインと違い過ぎて、分からん殺しされる所だけ。
エクシーズとか毎回テキスト読みまくり状態ですよ。

とりあえずチビチビとやっていこうと思います。

2012年04月20日

棒取りゲームを作ってみた

遊戯王オンラインも終了決定に伴い少しトーンダウンしたので暇つぶしに棒取りゲームを作ってみた。

http://lotusblo.livedoor.biz/archives/51936173.html

javascriptで作ったんだけど、javascriptはあんまり触った事がなかったので、4,5時間近くかかってしまった。
ソースコードは場当たり的で汚くなったし・・・。

CPUは最善手しか打たない最強仕様のはず。
ずっと以前、自分は中学校の時棒取りゲーム最強だったと書いた気がするけど、10行とかになると最善手が直感的には分からないので、持ち時間10秒とかでやると自分でも基本的に負けます。

バグとか見つけたら教えてね。
lotus_blo at 21:06|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記 

棒取りゲーム

正式名称は棒取りゲームなのか、棒消しゲームなのかニムゲームなのか分かりませんが、小学校とかで黒板やノートで良くやったアレ。
最後の1本の棒を取った方が負けになります。

先手、後手及び行数は自由に決められます。
手番、行数決めたら開始ボタンを押して下さい。

1日で作ったからバグがあるかも。あったら御免なさい。

手番
棒の行数


2012年04月15日

強制終了カウントダウン:遊戯王オンライン終了記念(2012年3月制限)

deck012


遊戯王オンラインが終了のを記念(?)して作ってみた。

単に、終焉のカウントダウン、強制終了、終末の騎士とか終了っぽいカードを入れただけ。
不死武士やスキルドレインも雰囲気出てる気がしなくは無い。
他には終わりの始まりとか、大暴落とかも入れてみたかったけど流石に無理過ぎて断念。
バブルクラッシュならギリギリ入れられる気がする。

回し方ですが、終焉のカウントダウン発動して、後は不死武士をコストに強制終了で相手のバトルフェーズをスキップし続けるだけ。
味付けとしては、サベージ・コロシアムと古の森を投入。
どちらもバトルマニアを発動し、その攻撃を止めれば相手モンスターを一掃出来ます。
攻撃の止め方は違うのでその辺は注意が必要。

本当はサベージ・コロシアムの方を多く入れたかったんですが1枚しか持って無かったので断念。
こっちの枚数が多ければ、バトルマニアでは無く、最終突撃命令を入れられるのでデッキの趣向としてはあってたのですが・・・。
古の森だと強制終了と若干噛み合って無いのが残念な所。

後はドローソースは、やりくりゴブリンと活路への希望が間違いなく良いんですが、これまた枚数足りて無くて投入を断念。仕方ないよね、ロック系作ってなかったんだもの。

ネタデッキなので、デッキの強さはお察し下さい。
強制終了引かないor破壊されるとスキルドレイン発動してても余裕で死ねます。
勝ちたければ普通のカウントダウンにした方が良いですね。

2012年04月01日

遊戯王オンライン終了

最近やってる唯一のゲームの遊戯王オンラインが10月1日に終了だそうな。

http://www.yugioh-online.net/v3/pages/service_end/index_jpn

最近新パックも出て無いし、ブースターパスの販売も行ってなかったし予感はあったけどね。


感想としては、ゲームは非常に面白いんだけど、運営能力が低かったのがよろしくなかった感じ。
新コンテンツの提供しかり、収益モデルしかり、宣伝しかり。
ゲームとしての素材は間違いなく良いから、それを支えるサービスやイベントをどんどんやっていければ十分やっていけそうだったんだけど、そう言ったサービスやイベントを企画し、実装していく能力は無かったのが残念。

まあ、携帯で別のゲームの話もあるようだし、収益はあるけど、其方との絡みでサービス終了したのかもしれないけどね。


とりあえず、10月までチビチビと遊ぼう。
本当に残念なのが最終制限でダンディが使えない事。
自分は植物が使いたいんじゃー!

2012年03月28日

ガエルD帝:とりあえず完成(2012年3月制限)

deck011


この前のガエル帝に足りなかったDドローを調達してとりあえずデッキ完成。
D-HEROは4枚に、帝も4枚とギリギリの構成になってしまった。
しょーがないよね。だって枠が無いんだもん。

通常のカエル帝に比べてのメリットは、あんまりカエルに依存していない点。
エアーマンからのD軸の動きで、カエル引くまで耐えられるのが売り。
帝9枚に水霊術3枚のマイクラ2枚ってカエルに負担かかり過ぎだと思うのよね。

デッキを使っての印象としては、ダークグレファーが1枚だと多いし、0枚だと少ない印象(と言うか無い)。
ディアボ落とすか、ゾンキャリ落とすかの2択ですしね。
事故った時以外はさほど活躍しないのが困りもの。

かと言って、増援のサーチ対象を1つ減らすのも結構痛い。
案としてはダークグレファーはダイヤモンドガイに変えても良いかも。
味わい深いチョイスとしてはデビルガイと言うのもあります。

もう一つ気になる点としては、特殊召喚メタ対策とか。
クリスティアや虚無魔人出されると、直接的な解決策がブラックホール1枚と言うのも微妙。
しゃーないと諦めても良いし、月の書ぐらい強引に入れても良いかも知れない。

とりあえず、これを今期暫定主力デッキにし回してみようと思います。