2005年06月16日

ゲーム実況配信に関するアプローチ(その2)

■文字配信
文字配信とはチャットとか掲示板とかを利用しての配信方法。
この配信方法のメリットは記録としてとどめやすいと言う事と、配信しやすいと言う事。
デメリットは基本的に映像であるゲームと言う媒体を文字で何処まで伝えられるかと言う事。
ただ、他の媒体が常に著作権とかの問題にぶつかる点を考えるとそう言う問題に全く抵触しないのは非常に有利ではあります。
実際問題としては画像や動画だってそれ単品では相手の読解力が非常に多く要求される訳で(無双の流星とかにその辺を感じる)他の配信方法を使うにしても大なり小なりこの配信方法を利用しなければならないでしょう。

・チャット
CGIが使える環境であれば自分の用途にあったチャットを探して設置すればOK。
そう言う環境が無くてもレンタルCGIを借りれば問題ないでしょう。
チャットで問題なのはログの保持とプレーヤーの差別化(自分1人だけに書き込み権限を与える。自分の文字だけ色を変えるなどなど)でその辺を考慮して使用するチャットを吟味する必要があるでしょう。

・掲示板
こう言う場合にはやっぱり2CH型の掲示板が良いと思います。
チャットと違って長文を使用するのが可能と言う事がメリット。事前に攻略時の文章を幾つか用意し、その状況に来たらコピペして配信すると言う方法が可能です。
サーバーへの負荷も考慮すると文字媒体での配信では最適かも。
プレーヤーの差別化は何処まで出来るのか分からないので興味ある人が勝手に調べてね^^

・その他
上記の2つ以外にはそれ程特記するような事も少ないのだけれども自分が考えてみた方法の1つを紹介。
自分の考えたのはHTML配信で、プレーヤーのPCに実況ページのHTMLを自動で編集するプログラムを設置して配信すると言うもの。
プレーヤー1人しか書き込めないと言うデメリットがありますが、CGIを使用しないと言う事で負荷の面では非常に強いと思います。

多分そう言ったタイプのフリーソフトはないと思うので自作する必要があり。
一応DelphiとIndyの無料版だけでも作成可能。



lotus_blo at 06:22│Comments(0)TrackBack(0)雑記 | Edit

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔