2005年09月12日

選挙戦の感想とか

帰ってきたら即寝しちゃってネタがないので選挙戦の感想でも書いてみる。

とにかく小泉首相が凄かったね。解散を決めた時に「こりゃ自民党勝っちゃいそうだ。」と心の中で思ったけど此処まで勝つとは思わなかった。
何と与党で議席数が全体の2/3ですってよ、奥さん!!(誰
過半数取れば参議院の郵政反対派を「民意」の名の下に賛成に回らせる事が出来るのに(間接的説得)2/3取っちゃったから(参議院で反対されても衆議院で2/3の賛成を取って法律を通せるようになった)郵政反対派が反対したら除名と言う直接的な手段に訴える事も可能になっちゃうなんて・・・。
参議院で反対された郵政民営化を争点に賛成された衆議院の総選挙をすると言うある意味無意味な選挙だったはずなのに2/3取った事によって意味すら発生してしまったと言う今までにない想像を絶する結果でした。

個人的には今回の選挙は郵政民営化云々よりも党のアイデンティティ、個人のアイデンティティの戦いと言う色が濃かったような気がします。郵政民営化については良く分からなかったけど何となく自民党に入れたと言う人が多かったのも小泉首相の解散以後の行動が既存の政治的価値観から見るとありえないかもしれないけど、それまで小泉首相が訴えてきた事から一点もずれてはいない事が国民の共感を得られたと言う事なんでしょう。

今回自民党が快勝したにも関わらず共産党、社民党が議席数を減らさなかったのもはじめから大して議席数が無かったと言う理由もあるけど党としてのアイデンティティに確固たるものがあったためだと思うし、新党大地が1議席取れたのもそのためでしょう。
そう考えて見ると今回の民主党からは民主党としての価値観と言う物が見えてこなかった事から負けるべくして負けた感じです。

今後の政治動向として気になるのは今回の選挙を通してどのように政治的価値観が変わるのかと言う事かな?
大敗した民主党がこれからどう言った形で党を進めていくのかも気になる所です。



lotus_blo at 03:42│Comments(0)TrackBack(0)雑記 | Edit

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔