2005年10月22日

ファミコン版ドラクエ3(その30)−キングヒドラ撃破−

調整しつつやっと撃破しました。
毎度の如く動画です。サイズ2倍推奨、音無しです。
URL:http://www15.plala.or.jp/lotherm/fcdq3/dq_07.WMV

戦術
前述した眠らせてから3人で一気に攻撃します。
ただ細かいところを調整しました。

・ピオリム使用で確実に先行
今までは後攻して回復&睡眠をしていました。
これのメリットはヒドラが3ターン眠っている可能性がある事なのですが逆に言うと途中で起きられると起きたターンに1回、次のターンに2回攻撃を受けるため死亡する可能性が非常に高いのが難点です。

これが先行するとヒドラが最大2ターンしか寝ませんが(もう1ターンは妖精の笛を使ったターンに消費してしまう)どのターンで起きられても次のターンに先行して回復出来るためにどんな状況でも2回攻撃以上のダメージを受ける事がありません。

具体的には戦士に素早さの種と星降る腕輪を与えます。
開幕が若干不安定ですがこれでピオリム1回でほぼ確実に先行出来ます。

・破壊の剣使用
攻撃力不足を補うために戦士に破壊の剣を使わせました。
破壊の剣は呪われていて打撃を与える際にたまに行動出来なくなるのですがピオリム使用で基本的に何処でもやり直しがきくので行動不能になったら眠らせる所からやり直せば良いだけの話です。(実際は最終ターンが不安定になっていますが・・・)


パラメータ配分は戦10、僧9、勇9。命の木の実は僧侶に8個、勇者に1個。素早さの種は戦士に全振り。力の種は勇者に全振りしました。
キングヒドラの2回攻撃に耐えるにはこれぐらいが必要です。

具体的な戦術は
1ターン目(賢者を死亡させるためのターン。攻撃、パラ変化不可)
戦:賢者の石 僧、勇:防御 賢者:ザキ→賢者

2ターン目以後
戦:賢者の石 僧:ピオリム(途中でルカニも) 勇:防御

全員が安定して先行出来るようになったら
戦:賢者の石 僧:要請の笛 勇:防御

ヒドラが眠ったら全員で攻撃します。2ターン眠って貰えなかったり、呪いで行動不能になったらもう一度眠らせる所からやり直します。
このパターンだと負ける可能性は開幕直後、勇者に打撃が2連発来て出目が高かった場合、ヒドラが目覚めたターンに勇者に打撃の3箇所になります。


実戦は開幕で僧侶が死亡すると言う最悪のスタートだったんですが上手いこと世界樹の葉で復帰。
眠らせた直後に時間使ってますがこれはダメージの計算とかしてました。チョッとダメージの蓄積が低かったので4ターン目に倒せる可能性が無くてやり直そうか悩んでたんですけどヒドラが起きた時の攻撃が炎だったのでそのまま攻撃しました。4ターン目の攻撃によっては負ける可能性もあったんですが無事に全員生還してそのまま撃破。

次はバラモスブロス。今回の頼みの綱のラリホーは効かないわ、炎は倍のダメージあるわで
ヒドラなんか足元にも及ばない強敵なんですがどうしたもんか・・・。
多分こざっぱりとまとまった面白みのない攻略になると思われます。(笑



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ロータス   2005年10月23日 00:45
動画としては一度やり直すところがあった方が良かったかな?
まあ、何度もやりたいとは思わないのでやらないけど。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔