2006年04月30日

FF12 その29

やっとクリアしましたよ。
最後の所はネタバレ過ぎになりそうなので省略。ボス戦はまあ楽勝だと思います。

プレイしての感想

・システム
今回のフィールドとバトルの一体化は中々良かったんではないでしょうか。今まであった雑魚戦の煩わしさがなくなりました。プレイ時間の大幅短縮にも一役買ってる感じ。
問題はその結果バトル時の迫力が大幅に軽減されてしまったことかな?敵の強さも単調になった感じがするし。この辺は次への課題でしょう。

・世界観
今回はFFTの世界観を使ったものだったんですね。中々しっかりしてて良かったです。
今回のFFの特徴として世界全体ではなくある一定の地域内だけで話が完結してるのですが(ロザリア帝国の名前が良く出ますが其処に行く事はないですしね。)それでも十分世界の広さを感じる事が出来ました。

この一定の地域内で話が完結してるのはFF12-2のための布石と見てるのは邪推しすぎですかね?(笑

・サウンド
今回は担当者が変わったんでしたっけ?
全体としては良いのですが耳に焼きつくくらい鮮烈な曲はなかったでしたね。

・ストーリー
正直これはとてつもなく酷い。
ストーリー全体としては起承転結の形になってないんですよ。転の部分がないんです。
あれよあれよと話が進んでヴェインを倒せば万事OKみたいな感じになってますが、ヴェインが悪であり、倒さねばならないと言う動機付けが余りにも薄いです。
RPGってクリアした時に達成感と名残惜しさが混在するもんなのですが今回は何と言うか「え?終わりなの?」って感じを受けました。

後は主人公の問題。主人公が主人公でないのはとりあえず許します。(何
ただ主人公にあったテーマみたいなモノが中途半端過ぎた感が・・・。他のキャラは皆自分のテーマがあって、それを解決してるのに・・・。
せめて自分の中ではテーマがあって、それを解決しましたよって感じの表現が何処かにあった方が良かったかと。

・全体として
久しぶりにRPGを特に何の考えもなしに普通にやったんですけど十分に楽しめました。ストーリー重視派の人はやらなくても良いかな?ストーリーはまあどうでも良いって人はやって損がないはずです。
そう言えば今回はFF特有の「何となくやり過ぎ感」が薄かったですねぇ。
全体として方向転換しようとしてると言う事なのでしょうか?



lotus_blo at 12:01│Comments(2)TrackBack(0)雑記 | Edit

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by CHI   2006年04月30日 13:03
>FF12-2
製作者の人が途中交代したりゴチャゴチャしてたりしますし、
話を続けられるほどできるのかなという感じではありますが。
12にスタッフがよほど思い入れがなければ難しいんじゃないかなと思います。

>サウンド
今回は崎本仁氏が担当してるみたいです。
植松さんはテーマ曲ぐらいで関わりが少なくなってるようですね。
自分もあまり印象に残る曲が少ない・・・というかないぐらいです。

>ストーリー
個人的には面白かったりするんですけどね。
シミュレーションみたいに国と国との戦いな話は
過去のFFにはなかったのでそこらは楽しめてるんですが。
ただ、やたらヴェインを悪扱いにする強引さは唐突すぎるものがあるかなと。
中途半端すぎる展開が多いのはいただけませんが。
2. Posted by ロータス   2006年04月30日 22:02
>FF12-2
多分スタッフの思い入れとか関係ない所で話は動くと思います。(笑

>サウンド
そう言えばテーマ曲は悪くなかったですね。

>ストーリー
設定自体はまあ良いんですが抑揚がないんですよ。
ストーリーが秀逸だったFF10と比べるからかも知れないですけど。

>悪役ヴェイン
ヴェインの目指してる事自体は全然悪でないのが困りモノなんですよねぇ・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔