2006年06月07日

うぃ

ITproの任天堂岩田社長のインタビュー読んでてちょっと興味を引いた一文発見。

「パッケージは5000円です」となると,開発者はどうしても豪華なものを作らなければと思ってしまう。3人が2カ月で作ったとしても,結構面白いゲームができることがあるわけですよ。それをネットワーク経由で500円で販売してみれば,買う人がそこそこいるかもしれない。こういう環境を用意することで,プリミティブな面白さを追求しようという開発者が増えてくれることに期待したい。

こう言う開発環境の敷居が下がるのは良い感じですね。
お金のやりとりはどうなるのか少し気になりますね。どうなるんでしょう?




lotus_blo at 21:35│Comments(2)TrackBack(0)雑記 | Edit

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by CHI   2006年06月08日 23:31
携帯であるような形みたいになりそうですね。
新作もVCでやってくれるという事だし、
過去だけでなく色々とできるのは有難いですね。
しかし岩っち(ぇ)はどんどん商売が上手くなってる気がしますw
若いながらも妙に恐ろしさを感じてしまいます。
この先どういう商売してくるんでしょうかね。

>お金のやりとり
FF11での経験だとコンビニでお金を払ってたけど、
そういうのと同じ形になるんでしょうかね?
なるべく身近にあるところでそういうやりとりすると思いますが、
それが一番できそうなのはコンビニだとは思うですけど。
2. Posted by ロータス   2006年06月09日 22:19
>VC
VisualCかと思ってしまった。(何

任天堂の次世代ゲームの方向性は結構時代にマッチしてる感じがしますね。売れそうです。

>お金のやりとり
自分が気になったのはパッケージ物はハード側にもお金が入るって点がこの場合どおなるかって事でした。
でも言われてみるとユーザーがどうやってお金を払うのかも気になりますね。ネット銀行とかでサクッと買えると個人的に良いんですけど。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔