2011年11月23日

ダークN

deck007


いわゆるNビート。其処に闇軸でグッドスタッフ集めてみましたと言う感じ。
とりあえずこれをベースに回してみて、少しずつ改良しようと言う気持ちで作りました。

ドロー系魔法カードが8枚に、サーチ系モンスターが3枚ととにかくカードをドローしまくって何とかしようと言うデッキ。
コンバートコンタクトは2枚ドローで3枚圧縮と言う破格のデッキ圧縮カードなので、回りだすと凄まじい勢いでデッキが圧縮されます。
1回延々ドローしまくった事があって、相手が「エクゾですか?」と聞いてくる事もありました。

難点はやはり火力の低さとアドが取れるカードの少なさ。
まともにアドが取れるのがダムドくらいなので、とにかく地味に動いて相手に離されず、あわよくばリードを狙ってく感じ。
終末→ゼピュロス墓地落とし→終末戻してゼピュロス蘇生とかも結構やるパターン。
何たって貴重なアド+1だし。

ネオスペーシアン自体はどれも効果自体は悪く無いけど、それぞれ使える状況がピンポイント過ぎてきつい。
開幕にN3枚、コンバートコンタクト0枚とかだと負けを覚悟せざる得ない。
手札にゾンキャリ、クロスポーターがたまると更に悪い。

使った感じとしては相性有利と言う感じのデッキは少なく、基本若干不利と言う印象。
とにかくぶん回して何とかしてく感じ。
ただ、使ってて苦しいながらも使い心地は良い。
やはりドローしまくれるデッキと言うのは良い!

相性的にきついのをあげるとすれば1killや除外系。
1killを止める手段が限定的だし、回してどうにかするデッキなので除外カードで最初のドロー手段が止まるのは想像以上にきつい。

作り変えるとすれば、同じ圧縮要員のDも入れてZeroを狙うとか。
光要素入れてカオス軸に変えるとか。
Zeroの方はZeroが制限解除されたら作る予定。
カオスの方はグローモス1枚も持ってないので、1枚手に入れたら作る予定。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔